「あれやりたい!」「でも…」「でも!!」のでもでも地獄

自己実現が出来ているタイプって「あれやりたい!」の次の瞬間には、健全なお金の計算をして、無理のない予定を組むんです。
私の周りには、そういう友達ばかりになりました。
でも、私のお友達の娘さん世代はちょうど14歳とか、難しいお年頃なんですよ!!!
「息子が夢を持ったのはいいけれど、夢以外のことは全くやりたがりません…。そうかと思うと『やりたい!でも俺にはできない!!』『でもやりたいし…』と、落ち込んで…結局何もしないんです!どうしたらいいですか?」とか
OOしたい!て言うからアドバイスするのだけど『でもぉ』『でも』と言って、何もしません!!!」て相談が、ここ最近重なりました。
丸一日考えた、結論!!!非言語行動で見守り!に尽きるのかな?と!
悩める若者は感情のエネルギーが大変強いのです!!!
モヤモヤしすぎて、本人だって訳がわからないんです。
それって言葉で励ましたり、言葉で気付きを与えたり、言葉で勇気を与えられる段階ではありませんよね。
周囲の人間が出来ることは非言語の行動だろう!と思いまして、リストにしました。
①まずは栄養を摂らせる 睡眠不足を解消させる(栄養状態や腸内環境が良くなると精神が安定するそうです!)
②エステやマッサージなどで、血行不良を改善しつつ、自己重要感を高める!※皮膚は第三の脳といわれています!
③こういう時期は何をやっても褒めてはいけません!!!「OOしてくれてありがとう!助かったよ」と御礼を言うようにします!!!ありがとうと言ってあげてください!!!(アドラー式)
④ハグ,肩ぽんぽん,※スキンシップは素晴らしい
番外:原っぱを歩かせる,森林浴,良い香りを漂わせておく,オレンジ色のインテリアを増やしてみる…など

OMG151018470I9A2342_TP_V

自己実現する前の若者の悩みって【その人が紡いだその人のストーリー】なんです。
これを読んでいる大人の皆様も、若い頃の悩みって、深く悩んだこと程、いまは肥しになってますでしょう?
悩みは個性なので、悩みを奪ってしまうことは誰にもできません。
悩みは、その人のものなんです。(アドラー的に、課題の分離)

悩んでる本人は大変ですし、観ている方もツライですよね。
こんなこと言ってる私だって娘が悩んでいたら、心配で心配でぶっ倒れるかもしれません(笑
親も人間だから、子供が悩んだらツライの!
『あー、私、心配すぎてツライんやなぁ~』の感情をしっかり味わいつつ、マッサージしましょう。
皮膚からの刺激で、感情の波を鎮める感じです。
親まで泣いてるわけにいきませんものね。
『悩んでいる子供に何もしてあげられない悲しみ』にハマらずに、愛にハマっていてください❤
悩みを解決させてあげられない自分を、自己嫌悪しないでくださいね。
悩みはその人の人生ですからね!我々は解決させてあげられないんです!
愛を送って、必ず相手が解決できる!と信じ切りましょう❤
親もしっかり落ち着いて、若者の感情のウェイブが落ち着くまで、非言語の愛をそそいであげてぇぇ❤

また、可能性として書いておきますが…
「OOしたい!」と上昇志向のある自分でいたいだけのパターン
もあります。
この場合は、前向きな自分というセルフイメージがすごくすごく強くて、そのセルフイメージによって苦しんでいるのですが…。
もう、しょうがないんですよね。
そこを崩さないように「前向きだね」と合いの手(愛の手)を入れてあげてください❤
頑張っている自分が好き!とか、頑張ってないと好きになってもらえない!とか
人間ていうのは、たくさんの思い込みがあるんです~~。
世の中には、その思い込みを解いてくれるプロがたくさんいて、時期がくればその思い込みは壊れていくように出来ています。
思い込みって言うのは、季節ものです!
人間は必ず変化していく生き物なので、そこは待ってあげるといいと思います。
(私も待っている相手たくさんいます)

また、非常に残念な話なのですが、人間の脳は非常に優れているのに、メンタルに左右されます。
悩んでいるときに読書しても、大して脳に入らないんですよ…。
冷静でない人の脳は脆弱ですので、本を貸してあげる場合、本気で期待しないのをおすすめします。(私も悩んでいる頃にたくさんの本をプレゼントされましたが、悩みが落ち着いてからやっと理解しました~~ ><)

リストにも書きましたが、皮膚は第三の脳です。
冷静でない人に対処できるのは、言語などではなく、皮膚刺激だと思います。
エステやマッサージ、温泉、ハグ、大変おすすめいたします。

まぁ…!
まずは、寝ろ…!に限りますけどね!!!!

私こそ寝ます。おやすみなさい 笑

三上いすず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする