霊感・胎内記憶クレーム・一周年

私にも、3歳未満の記憶があります。
当時の私には首つり死体が、ちょいちょい視えていました。
その事を絵に描いて教えたら、祈祷師だった祖父に烈火の如く叱られました。
「助けてあげられないのに、見るなよ!失礼だ!それに、視ただけで、縁がつながるから視るな!と。

今現在、6歳になった娘は血の箱舟です。
彼女の血の中に祖父も、私も入っています。

この頃娘が、昔の私のような事を言うようになりました。
「あの窓のところに男の人いたよね?」→いません!!!!
「ここの空気温かいから触ってごらん」→うわ本当だ!やめて!!!!
「あたしが生まれるときの穴…小さくて苦しかったよ。お母さん、もっと頑張ってよ!」→胎内記憶ストーリーは多かれど、子宮口へのクレームって私、生まれて初めて聞きました悲しい!!!泣ける!!もういや!!!!

彼女の身体を流れる血が鏡となって、私を映します。
私は、『私を叱り飛ばした祖父』のように怒り狂って、自分の中に祖父の血があることを再認識しました。
泣けるほど、うれしいです。ありがたい!祖父大好きです!大尊敬してます!!!!

私は今なお、祖父に言われたとおりに助けられないモノは視ないことにしてますし、一線は越えない仕事をしています。
たまに「死んだ母をおろしてください」と涙ながらに頼まれますが、お断りしています。
降霊は青森の専門家へお願いいたします。

霊感があるといったところで、視えるのは数字や、景色、うすぼけた人影だけですよ。
それらをかき集めて、心理学でクライアント様の問題を解決するように、課題のシンプル化に勤めているにすぎません。
私の霊感なんて、弱いもんです。
統一場心理学があるから、仕事が出来ています。それだけです。

去年の9月18日にサロンをオープンして、一年!!!
統一場心理学と共にセッションしてきました。
そんな私へ、宇宙がギフトを贈ってくれたんです❤

統一場心理学の大先輩、舩矢直子氏が私の講座へ来てくださったんです。
大ギフトです!!!!いすず大喜び!!!誉!!!!

ますます『学ぶしかないわ~~~』と思いました。
学問あって、初めて仕事が出来ているんです。
ありがたいです。

そしてクライアント様が、口コミで宣伝してくださっているから予約があるんです。
心底、真に、ありがとうございます!!!!!

一周年です。
もっと、もっと、反省し、自分を練り上げて、しなやかに。
もっと、勉強します。
私は、まだまだ未熟で、愚かなので、より一層勉強します。

より善い人になります。
目の前の人に笑ってもらえるように!!!
私も、笑おう。

三上 いすず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする